正式名称 曹洞宗 不盡山 龍祥寺(ふじんさん りゅうしょうじ)

所在地 三重県度会郡大宮町阿曽1585

電話 05988-6-2625

住職 小倉 康司

御本尊 薬師如来坐像

脇侍 日光 日光菩薩立像
    御本尊は薬師如来であるため、江戸期より、特に授乳、子育てに霊験あらたかとの信仰が篤い。御本尊の右手に赤い糸をまきつけ、その糸先を持って拝すれば、母乳の出が良くなり子育てが順調であるといわれ、信じられてきたため、近郷近在のお参りが多かったとの言い伝えが残る。

歴史 不盡山宝泉寺(寛延元年・1748年)と諏訪山龍祥寺(寛文元年・1661年)の二ヶ寺が明治27年宝泉寺を龍祥寺へ合併し、明治30年不盡山龍祥寺として成立し、明治43年現在地(もとの不盡山宝泉寺の境内地)に建立され、現在に至る。
 
 

ご参拝の
手引き